FC2ブログ
おとゆい ~ 音楽のチカラ ~
NPO法人音楽サポートネット音結の活動を綴ります
カウンター

ご来訪誠にありがとうございます

現在の訪問者数

どうぞごゆっくりご滞在ください

音結 ホームページのご案内

ホームページがOPENしました

ご来訪をお待ちしています

プロフィール

西川照美

Author:西川照美
NPO法人音楽サポートネット音結

音楽が持っているパワーは、老若男女を問わず人の心や行動に影響をあたえます。
 音結(おとゆい)は、そのような音楽の持つパワーを利用して、多くの人の心身の健康の維持・向上のために、音楽療法および療法的音楽活動を展開しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものための音楽ワークショップ
子どものための音楽ワークショップ 終了しました

この事業は、和泉市人権国際課のエンパワメント助成金助成金にて実施しました。
障がい児を持つ親の会への参加呼びかけと並行して、一般の子ども達にも募集
障がいの有無だけでなく異年齢の子ども(2歳から13歳)同士が交流できました。


今後も、このような機会を沢山増やしていくことによって、
自然な形で人権擁護(障がいという線引きをせず、全ての子ども達を一緒に支援する)の視点に立った活動を展開していきたい。




~活動内容~

8月は管楽器演奏、吹く楽器作り、音楽遊び
12月は弦楽器演奏、一弦楽器作り、音楽あそびを通して交流しました。

「子どものための音楽ワークショップ」と題して
「気がかりな子ども」と限定せずに、「全ての子ども」を対象に参加者を募集した。
参加人数は、1回目親子8組19名、2回目親子11組27名、演奏者各3名とスタッフ9名を入れて総動員数61名でした。

参加者からのアンケートは2回目参加者のみ実施したが、概ね良い感想が得られた。

■ 何をご覧になり参加申し込みましたか?
 広報5名  チラシ3名  地域新聞  友人の紹介1名 音結からの案内1名

■ 参加して見ようと思われた動機はなんですか?

・子育て支援のイベントに興味があるので
・良い音楽を子どものレベルに合わせて体験等させてあげたいから
・いつも音楽療法でお世話になっています。音楽大好きですので参加させて頂きました。
・前回も参加して楽しかったので
・子どもに音楽を楽しんでもらおうと思ったので
・楽器つくり
・音楽を聴きたくて
・楽器にさわれるので
・自閉症の娘が音楽好きだから
・生の音楽が聴けるため、楽器作りの楽しさを知るため

■ 参加されてご感想をお聞かせ下さい

・演奏も良かったし、子どもも楽しんでいたのでとても満足です
・はじめは2時間も長いかなと思いましたが、いろいろなプログラムで無理のない内容で
 交流もでき開放的な部分もありギュッと集中できるところもあって良かったです
・とても楽しかったです。学生さんたちの演奏素晴らしかったですし、先生方にも楽しい
 工夫一杯していただきました
・変わった感じで楽しかったです。学生さんの演奏も聞けて良かった
・楽しかったです。 ベルの音色美しく、ゲームも楽しかったです
・楽しかった 進行etc・ちょっと ちょっと
・楽しく過ごせました。たくさんの楽器で良かった
・生演奏が聴けたことや人の出会いがあって良かったです
・時間もちょうどいい長さでした。学生さんの演奏も素晴らしくもっと聴いていたかったです

■ 今後、どのような企画があれば参加したいですか?

・体を使ったリトミックなどをお願いいたします
・クラッシク等の演奏を聴かせてあげたいなと思います
・今日みたいに演奏を聴かせて頂いたり色々な音楽(楽器など)の体験させて頂きたいです
・手作りの楽器作りとみんなで合奏です
・小さい子どもは座ってられないのでダンスとか楽器で遊ぶ時間をふやしてほしい
・ワークショップ
・今日の様な参加型、学生さんも上手だった、ギターというのも珍しくて良かった


弦楽演奏

一弦楽器


スポンサーサイト
こどものための夏休み企画“音楽ワークショップ”
管楽器の演奏を聴く、工作(吹く楽器づくり)する、音楽あそびをするなど

親子で楽しいひと時を過ごしましょう!

日 時 :平成23年8月20日(土)  午後2時~午後4時

対 象 :障がいのある・ないに関わらない全ての子どもたちと保護者(家族) 

場 所 :和泉市南部リージョンセンター多目的ホール(道の駅 いずみ山愛の里)



9組の親子(3歳から12歳の子ども達11名)が参加してくれました!
大人も子どもも入り混じって、
前半は、管楽器演奏を聴いて、楽器作り(歌う筒、ストロー笛、バードコール)を体験し、作った楽器で音楽ワークを楽しみました! 
後半は、管楽器奏者とピアノ演奏による、とっても贅沢なリトミックや合奏を楽しみました!
和気あいあいの中 2時間がアッという間に過ぎ去りました。
とっても楽しかったよ~! とみんな笑顔を後に無事終了いたしました。

“グー・チョキ・パー” 子育て支援
音結の“グー・チョキ・パー”が、泉大津市の幼稚園からの依頼により、体育館や幼稚園にて出張音楽あそびをしています。

平成22年度は、市からの依頼(3件)広場型(2件)にて、幼稚園や体育館にて5回実施しました。
9月-40組、10月-11組、11月-25組、12月-35組、H23年1月-30組 
総勢 約150組の親子が参加しました。

*****
 
★6月14日(火)→終了いたしました。

コメント

 梅雨の最中の晴れ間に恵まれ、
1歳半以上お子達を持つ親子25組
で開催されました。
 何が始まるのかな?とキーボードに
近づく子ども。
音楽が始まると親子でおはよう、初めて会うお友達とも
おはよう、とスタートを切り、親子で小1時間を笑顔と共に
楽しみました。

児童第1回サマースクール
児童第一回サマースクール

日 時 8月16日(月) 10時から15時
場 所 太平学園 新館

ss3.jpg

〜遊びを通して子どもの育ちを支える〜 3回シリーズ
親子ふれあい遊び
〜遊びを通して子どもの育ちを支える〜

『からだ・ことば・人』 に出会う音楽活動 (歌遊び、リズム遊びなど)3回シリーズ

日程 2010/2/22、3/8、3/29
場所 和泉市コミニュティセンター2F小運動室


チラシはこちらをクリック




◆レポート


以下、アンケートからも伺えますが、多くの支援者は、様々な具体的な学びの場を望んでおられます。
今回、泉大津市、和泉市だけでなく、高石市、柏原市、吹田市、八尾市、その他大阪市内からもご参加下さり、子どもの音楽的な発達や具体的な音楽遊びを知りたいと思われている関係者の方々が大変多いことに驚かされました。     
   
◇参加者の感想

・音の本質に出会えた
・子ども達の気持ちが少し分かった気がする
・すぐに教材として役立ち、原理や目的、達成させたいことまで明確でわかりやすかった。
・自由に発想させることが大事というのがなるほどと考えさせられた
・すごく楽しかったが、手遊び歌、リトミック、童歌なども聞きたかった。
  
◇現在悩んでいること

・イメージの共有
・合奏方法
・常に悪戦苦闘!
・子どもにもっと興味を持たせたレッスンができないか・・。

◇どのようなことを学びたいか?

・音+動きのワーク
・簡単なわらべ歌
・リトミック

◇参加職種

保育士、音楽療法関係者、高校教師、ピアノ教師、小学校教諭など


わらべうたワークショップ
わらべうたワークショップ

日程 2010/1/15&2/19 
場所 和泉市シティプラザ

チラシはこちらをクリック

主催者の感想

「わらべうた」を用いた親子遊びは、穏やかで幼児には受け入れやすい活動でした。

参加した保護者の感想に
・集中力の無い子が集中して参加していた。
・人見知りがひどいが皆と一緒に参加していたなど・・・

人知れず悩んでいるお母さんが、音楽あそびを通して子どもの良い面を見つける場となり、一人遊びが増えている中で、大勢のおともだちと片寄せあってあそぶ事で、子どもの社会化に繋がればと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。