おとゆい ~ 音楽のチカラ ~
NPO法人音楽サポートネット音結の活動を綴ります
カウンター

ご来訪誠にありがとうございます

現在の訪問者数

どうぞごゆっくりご滞在ください

音結 ホームページのご案内

ホームページがOPENしました

ご来訪をお待ちしています

プロフィール

西川照美

Author:西川照美
NPO法人音楽サポートネット音結

音楽が持っているパワーは、老若男女を問わず人の心や行動に影響をあたえます。
 音結(おとゆい)は、そのような音楽の持つパワーを利用して、多くの人の心身の健康の維持・向上のために、音楽療法および療法的音楽活動を展開しています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障がいの子どもへの個人音楽療法事業
発達障がいの子どもの個人音楽療法事業は終了しました。

「発達障がいの子ども達は、おかれた環境によって症状は異なり、早期からの一貫した指導や発達支援を行えば社会的に自立することも可能である」と言われています。
個々の子どものニーズに合わせた能力支援をすることを目的に個人音楽療法事業を行いました。

参加児童は、25名でした。
4会場において、各会場10回の個人音楽療法と、最終回に全員が集い交流会をしました。
また、指導者に向けて2回の事例検討会を開催しました。

参加した保護者からのアンケートでは、
音楽療法全般について「とても満足」と「満足」を合わせて22名中18名から満足という回答を頂きました。
自由記載のコメントでは「本人が楽しく取り組めていた」が15名、
               「本人のペースに合わせた活動内容や指導が良かった」が9名でした。

また、「子どもがとても楽しんでいたので継続して実施して欲しい」という多く、
個人にむけた音楽療法が子ども達の役に立てて本当にうれしく思います。

個々の子どものニーズに沿った活動は、とても少ない現状があります。
今回の事業を活かして、今後も、何らかの形で繋げていきたいと思います。(西川)

個人音楽療法の教室は、和泉市緑ヶ丘にて開催しています。
お問い合わせはお気軽に音結事務局までお問い合わせください。
続きを読む
スポンサーサイト
音楽あそび広場“ずくぼんじょ”
気がかりな子のための音楽あそび広場“ずくぼんじょ”7回シリーズ 

※和泉市エンパワメント助成金にて実施

2010年6月~12月まで 月1回 木曜日 堺市ファインプラザ・和泉市シティプラザ



10時から制作活動 10時30分から音楽あそびをして、午前中たっぷりと過ごしました。

参加者みんなで作ったよ




保護者のみなさまより

 ・とても楽しかったです。ぜひまた企画して欲しい

 ・制作あそびは、マジック、のり、ハサミなど家で遊ばない文具を使えた

・季節感を感じられて良かった
                  ・・・・などの感想が寄せられました。

☆第一回レポート
☆第ニ回レポート
☆最終回レポート

“ずくぼんじょ”終了しました
音楽あそび広場“ずくぼんじょ”が終了しました

気がかりな子を持つ親子を対象に、制作あそびと、音楽あそびを
全7回実施しました。

場所は、和泉シティプラザ和室、全部で36組の親子の参加でした。

参加者の声として、

  ・終了するのは淋しい
  ・また、ぜひ企画して欲しい
  ・月1回では少ない

      など、惜しまれつつ、今年度は終了となりました。

本事業は、和泉市のエンパワメント助成金にて実施しました。
                

「ワークさつき」 出張音楽療法実施
大阪府障害者福祉事業団「ワークさつき」 出張音楽療法実施

通所重症心身障害者の方(10名)への余暇活動として
音楽を用いた楽しい一時の提供と、
職員の方にむけた音楽を用いた余暇支援アドバイスも兼ねて
音結スタッフが出張にて実施しています。


ダウン症親の会(スマイルキッズ)主催
スマイル・キッズ(ダウン症親の会)主催で、赤ちゃん組と幼児組の2セッションをしてきました。

それぞれ45分設定だったのですが、時間の立つのが早く、つい1時間みっちりと実施してしまいます。
親子ともども楽しめたひと時であったと感想を頂きました。

ずくぼんじょ2010 第ニ回
音楽あそび広場 ずくぼんじょ 第ニ回

日程 2010/7/1
場所 ファインプラザ大阪 和室

zu3.jpg

◆レポート

第2回ずくぼんじょでした。

2組の親子と、NPO法人子育て支援の方々が4名も見学に来てくださり、一緒に楽しく音楽遊びをしました。

1回目にリコーダーを吹いた男の子が、帰ってから「シャボン玉が吹けるようになった」
とお母さんが報告してくださり、子どもの成長はふとしたきっかけで 
ぐーんと伸びるのだなぁと驚きました。


アビリティーズにて
和泉市高齢者通所デイ・ケア施設 アビリティーズにて音楽ボランティア実施

◆レポート

利用者の皆さんは歌好きな方が多く、朗々と歌っておられました。
その他には、皆で和太鼓を叩いてリズム活動を楽しみました。
気難しそうな男性利用者さんも笑顔が出て、良い表情で叩いている姿を見ると
音楽は、全ての人の心を和らげるのだと思いました。

ずくぼんじょ2010 第一回
音楽あそび広場 ずくぼんじょ 第一回

日程 2010/6/3
場所 ファインプラザ大阪 和室

zu3.jpg

◆レポート

第1回ずくぼんじょでした。

3組の親子、見学者も交えて、わらべ歌遊びを楽しみました。
参加してくれた男の子が リコーダーに興味をもち、ピーピーと吹き出し、
それに合わせて皆で“てるてる坊主”を歌いました。
雰囲気が出てとても良い感じだった・・。

音楽療法セッション
今日は、施設に入所されている知的障がいの方達と音楽療法をしました。

週1回のセッションですが、生活の一部としてすっかり定着し、私が来るのを待ちこがれてくれています。

セッション後、顔を紅潮させて「次は違うリズムを覚えるわな!」と意欲満々です。
この一言が私を元気にしてくれます。

・・今日は、ウントコドッコイショ!!と言いながらジュンジュンというアフリカ打楽器をみんなで叩きました・・・次回はなんて言って叩こうかな?

by テル
音楽療法セッション
本日、発達障害児童の音楽療法でした。

リズムに乗って太鼓を叩いたり、
静かな楽器を使用して音のキャッチボールをしたり、全身を使ってダンスするなど、
実に体当たりで望まなければならないセッションです。

でも、終わった後はなぜか身も心もすっきりしています。

by テル


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。